アジアンパッション#006「内モンゴル・大地を奏でる馬頭琴」2013年3月16日(土)

~アジアを”言葉と音と手ざわりで”~

第6回目のゲストは、モンゴル馬頭琴奏者のセーンジャーさんです!
f68a27ac-s
セーンジャー(賽音吉雅)さん (モンゴル馬頭琴奏者)
内モンゴル出身、内モンゴル芸術学院卒業後来日。大東文化大学大学院修了。
2005年「スーホと白い馬」映画主演、音楽監督を自ら行い、文部科学省選定作品に選定される。2007年、映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」において馬頭琴を担当、モンゴル現地ロケに参加。2008年北京オリンピック、ギネス世界記録イベントにおいて馬頭琴を演奏。2010年より多くのテレビ番組に出演、「徹子の部屋」、「エル・ムンド」「ほっとアジア」若きアーティストとして活動の場を広げている。

「ゲル」と呼ばれる草原の家には、子供の頃、何時もそばに馬頭琴があるのだとか。
馬頭琴は、モンゴルの遊牧民の間に古くから伝わる、現地ではモリン・ホール(馬の楽器)と呼ばれている民族楽器です。その名の通り、ヘッドの部分に馬の頭の形の飾りがついていて、そればかりか弓も弦も馬の尾の毛からできている、馬と共に人生を歩む、モンゴル民族の象徴といえる楽器です。
遊牧の暮らしや、馬頭琴の魅力を演奏とともに紹介して頂きます!

★2013年3月16日(土)★

14:00~15:30(Open13:30)

ゲスト:セーンジャー/賽音吉雅さん
(モンゴル馬頭琴奏)
「内モンゴル・大地を奏でる馬頭琴 」

司会:神田亜紀

【全席自由】2,800 円
*料金の一部100円をユニセフに募金します。

会場:臨済宗大徳寺派 瑞泉山 香林院(こうりんいん)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-1-21
地下鉄日比谷線広尾駅徒歩3分
!本堂内は寒いので、あたたかい格好でお越しください!

※お申し込みは、各イベント記事よりコメント・メッセージから、
もしくはメールにてお願いします。
お名前・ご連絡先・いらっしゃる人数(その方のお名前も)をご記入ください。
折り返しご連絡致します。
(数日経って折り返しが無いようであれば、お手数ですが再度メールにてご連絡ください)

35名様で締め切らせて頂きます。

広告